【パワーポイント教材:手と目の協応】動く●をタッチして消そう


縦、横、斜め、円に動く●をタップして消すパワーポイント教材です。

この教材は熊本大学教育学部附属特別支援学校の後藤匡敬先生が運営されている特別支援教育のためのプレゼン教材サイト『Teach U』「00004[自立活動]うごく●をさわって10」を管理人がアレンジして作成しました。

●以外の部分を触っても次のスライドには移りません。(「『Teach U』」では教材だけでなく、パワーポイントのあったらいいなという機能を拡張するパーツも配布されています。)

動く●を目で追いかけて、指で触るという協応動作のトレーニングに。また、眼球運動のトレーニングや集中力を高める課題にもなります。

管理人は●の動きと速さを調整しました。速さについては3段階で設定して、それぞれの子どもたちに合った速さで取り組むようにしています。動きや速さをアレンジすると多くの子どもたちに取り組んでもらえるかと思います。

調整の方法は以下の通りです。

【動きを調整する場合】

1、●をタップし選択した状態にする

2、画面上部の「アニメーション」をタップ

3、上の画像の○で囲んでいる「アニメーションの軌跡」をタップ

4、目的の軌跡を選択して描画

【速さを調整する場合】

1、●をタップし選択した状態にする

2、画面上部の「アニメーション」をタップ

3、1枚目の画像○囲みの「アニメーションウィンドウ」をタップ

4、画面右側に出るアニメーションの「タイミング」をタップして「継続時間」を変更する。または画像右上のまる囲みの「継続時間」を変更

*早くしたい時は数字を小さく、ゆっくりにしたい時は数字を大きくするとOK

管理人は、速い:5秒 普通:10秒 遅い:20秒で使っています。(上級課題として1秒のバージョンの作っています)

【動く●を消そう 縦・横PPT】

目と手の協応課題、眼球運動のトレーニング課題のPPTです。

動きの速さは中速(継続時間10秒)になっています。

動きのパターンは縦(上下)横(左右)です。

子どもたちの課題に合わせて速さや動きを調整してください。

 

パワーポイント形式になっています。Mac、iPhone、iPadの方はパワーポイントのアプリ等をダウンロードしてからお使いください。

【動く●を消そう 斜め・円PPT】

目と手の協応課題、眼球運動のトレーニング課題のPPTです。

動きの速さは中速(継続時間10秒)になっています。

動きのパターンは斜めと円です。

子どもたちの課題に合わせて速さや動きを調整してください。

 

パワーポイント形式になっています。Mac、iPhone、iPadの方はパワーポイントのアプリ等をダウンロードしてからお使いください。

【動く●を消そう ミックスPPT】

目と手の協応課題、眼球運動のトレーニング課題のPPTです。

動きの速さは中速(継続時間10秒)になっています。

動きのパターンは縦横斜め円のミックスです。

子どもたちの課題に合わせて速さや動きを調整してください。

 

パワーポイント形式になっています。Mac、iPhone、iPadの方はパワーポイントのアプリ等をダウンロードしてからお使いください。

●をタップして消える時に音が鳴ります。フィードバックが意欲を高めるお子さんたちに効果大です。音が苦手な場合は消音でお使いください。

速度や動きだけでなく、背景色(テーマの色)や再生順(ランダムなど)も子どもたちに合わせてカスタマイズすると効果が高まるかと思います。

投稿者プロフィール

ダッシュニン
ダッシュニン特別支援学校 教員
日本のどこかで特別支援学校の先生をしています。
役立つサイトや教材、書籍の情報を発信していきます
よろしくお願いします。

2019 ICT夢コンテスト 優良賞受賞
『実践障害児教育』掲載
『日経パソコン』 特別冊子「教育とICT」掲載
『特別支援教育の実践情報』掲載等

このホームページが『日本教育新聞』で紹介されました。
ダッシュニンの特別支援教材室 > 投稿一覧 > 教材 > 【パワーポイント教材:手と目の協応】動く●をタッチして消そう